店舗のご紹介

祇園開陽亭-伝統の洋食

祇園開陽亭 入り口祇園 開陽亭(ぎおん かいようてい)は、大正4年(1915年)、当時ではめずらしい洋食の店を八坂神社前(通称、祇園石段下)にて創業し、昭和34年(1959年)のれん分けで当地祇園にて開業致しました。

初代以来、当店の看板メニューとなっている「洋食弁当」は初代(別所常一)が昔からある幕の内弁当をヒントに考案し洋食弁当の元祖として始まりました。

当時、洋食といえばナイフとフォークで食べるものとして知られていましたが、祇園開陽亭の洋食弁当は食材やサイズにこだわり、一口サイズに切った食材やお箸でも切れるくらいやわらかいお肉を使用し「お箸で食べられる洋食」として特に祇園街の芸妓さんや、舞妓さんに親しまれ、長年お茶屋への出前を中心に営んでまいりました。

初代が考案したそのままの形を今も大事に受け継いでいる洋食弁当は祇園開陽亭の看板メニューとして今も多くのお客様に親しまれております。懐かしい洋食の味を是非一度ご賞味下さい。

店主より

祇園開陽亭 店内初代が開業した当時、「洋食」という分野はとてもハイカラな料理でした。しかし、それらが家庭料理として浸透していく中、当店のような昔ながらの洋食屋というものは昔ほど珍しくはなくなりました。

シンプルで家庭でも出来る料理だからこそ、祇園開陽亭でしか出せない味をお客様にご提供できるよう心がけております。

店主のサイン

祇園 開陽亭 お知らせ 店舗ご紹介 洋食メニュー お昼のランチメニュー ディナーメニュー 高級仕出し弁当 洋風おせち料理 アクセス よくある質問 お問い合わせ
Gion-Kaiyoutei English Site 祇園開陽亭モバイルサイト